新着情報 | 永住許可の申請代行なら【行政書士 江口 正 事務所】

Topics & News

【中国通信】鳥インフルエンザ情報・5

2017年01月04日
昨年末、上海総領事館より下記のような鳥インフルエンザ情報が発せられました。

1.12月29日、上海市衛生・計画生育委員会は、上海市において鳥インフルエンザA
  (H7N9)による発症例が1例確認されたことを発表した。患者は、四川省江東籍の
  34歳男性で、12月29日に感染が確認され、現在治療を受けているという。

  上海総領事館の「鳥インフルエンザ関連情報」
  http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/life/toriinfuru-j.html

2.上海総領事館内を含む中国国内各地では、2013年2月以降、特に冬季から春季を
  中心に鳥インフルエンザA(H7N9)の感染が多数確認されているため、在留邦人は
  以下の諸点に注意してください。

(1)発熱、咳などの呼吸器感染の症状が発症、特に高熱の発症や呼吸困難の症状が
  見られた場合は、速やかに医師の診断を受けてください。

(2)不注意に、鳥・家禽に近寄ったり触れたりせず、手洗い・うがい等を励行し、衛生
  管理に十分注意してください。また、十分な栄養、睡眠をとり、平素からの体調管理
  に気をつけてください。

(3)外出する場合には、人混みはできるだけ避け、人混みではマスクをする等の対策を
  心掛けてください。中国内で出張、旅行等をされる場合は、現地の医療事情や感染
  発生状況等を確認して計画を立てるようにしてください。

(4)「海外渡航者のための鳥及び新型インフルエンザに関するQ&A」
  (http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/influ_qa.html)


鳥インフルエンザA(H7N9)及び新型インフルエンザは、外務省の「海外安全ホームページ」
によると、下記のように定義付けられています。

「新型インフルエンザとは、新たにヒトからヒトへ感染する能力を有することとなったウイルス
を病原体とするインフルエンザであって、一般に人類が免疫を獲得していないことから、
大規模かつ急速なまん延により、人類の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれが
あると認められるもの」

中国へ行かれる方、またその予定のある方はくれぐれもご注意ください。

以上です。

<< 戻る

【行政書士 江口 正 事務所】で皆様の永住に関するお悩み解決!

TEL:045-973-0801 FAX:045-973-0892 メールフォームはこちら

  • 料金案内PDFはこちら

Information

行政書士 江口 正 事務所
〒227-0043
神奈川県横浜市
青葉区藤が丘1-32-3
クイーンヒルズ藤が丘102号
日本に永住を検討中ならぜひ一度横浜の【行政書士 江口 正 事務所】にご相談ください!永住関連以外にも、在留資格やビザのご相談、中国人向けサービスなども行っておりますので、お気軽にお問い合わせください!
TEL:045-973-0801 FAX:045-973-0892
mail form

ページの先頭へ